秋の食材レシピ


<れんこん>

 身体にこもった余分な熱を冷まし、体を潤し、血を巡らせる。

 ⇒血が滞ることで起こる、鼻血、女性の不正出血や貧血などに)

 胃腸の粘膜を保護する皮ごとすりおろしたしぼり汁民間療法としても有名

 ⇒れんこん湯・・・のどの痛み、咳、痰の緩和に

 

<さつまいも>

 胃腸を丈夫にする作用がある気を補う食物繊維が多く、便秘の改善に

 

<きのこ類>

 免疫力を高め、血糖値、アレルギー体質の改善に

 低カロリー、食物繊維が豊富

 生活習慣病予防に

・舞茸・・・五臓、五気を補い、血液循環や水分の代謝を良くする作用がある

・しいたけ・・・気や血の流れを良くし、胃腸を元気に、βグルカン(抗がん作用)やエリタデニン(コレス

 テロール減少)などを含む

・しめじ・・・グルタミン酸をはじめ、各種アミノ酸をバランスよく含んでいる

 

 

 

 

乾燥対策レシピと、

運動会や行楽弁当に用いやすいレシピ

 

◆さつまいも:さつまいもご飯

 

  :さつまいものきんぴら

れんこん:れんこんお焼き

     :れんこん湯

     :れんこんの鶏つくね

      (きのこ和え)

きのこ類:きのこの炊き込みご飯

  肉巻き

  つくねのあんかけソース

                     ◆果物:梨のはちみつ煮

      :いちじくのコンポート

                     ◆やまいも:肉巻き(梅肉ソース) 

 

れんこんお焼き

【材料】

れんこん

片栗粉

A みりん

しょうゆ

さとう

 

【作り方】

①れんこんは2/3をすりおろし、軽くしぼり、1/3は細かいみじん切りにする

②①に片栗粉と塩をまぜ、5つに丸めて、ハンバーグのように軽くおさえる

③フライパンに油をしき、両面を焼く(6~7分)

④③を取出し、フライパンを拭き、Aの調味料を少し煮つめて甘酢ソースをつくる


れんこん湯

【材料】

れんこんのしぼり汁 大さじ3

しょうがのしぼり汁 小さじ1

はちみつ     小さじ1

湯         100cc

 

【作り方】

材料をすべて入れて混ぜる

(そのまま飲んでも、沸騰しない程度に温めて飲んでもOK)


れんこんの鶏つくね きのこ和え

【材料】

れんこん 100g

鶏ミンチ 150g

しょうがすりおろし 1片分

塩 小さじ1/2

こしょう 少々

大葉みじん切り 2枚分

きのこ類 100g

A 薄口だし醤油 大さじ2

酢 大さじ1

 

【作り方】

①れんこんは3mmの輪切りを16枚作り、残りはみじん切りにする

②鶏ミンチに塩を入れ混ぜ、れんこんのみじん切り、しょうが、こしょう、大葉を加え混ぜ、8つに丸める

③れんこんの輪切りに片栗粉をまぶし、2をはさみ、軽くおさえる

④フライパンに油をひき、両面に焼き目を付け、蓋をして中まで火を通す

⑤④を取出し、フライパンを拭き、きのこ類を焼く。

⑥⑤にAを入れ、軽く煮立たせ④を戻し、火を止めて和える